top of page

保険診療

血の巡りが悪い

保険診療

保険証について

  • 受診の際は、有効期限内の健康保険証をお持ちください。
    保険証のコピーは使用できません。
    保険証をご提示いただけない場合は全額自己負担となる場合があります。

  • ご転職などにより、ご加入になっている健康保険が変わった際は、月の途中でも新しい保険証を受付にご提示ください。

  • 住所や電話番号など、健康保険証の内容に変更があった際は受付にお知らせください。

  • 受給者証(老人・乳児・身障医療等)をお持ちの方は、健康保険証と一緒にお出しください。

  • ​オンライン資格確認に対応しています。

  • 他の医療機関で薬を処方されている場合は、お薬手帳をお見せください。

  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。

  • 高熱や全身にひろがる発疹で、水ぼうそう、はしかなどの感染症が考えらえる際は、事前にお電話でご連絡ください。また来院されたら必ず受付にお申し出ください。

  • 健(検)診結果や各種検査結果、血圧手帳や糖尿病連携手帳などをお見せいただくと、診察がスムーズに進みます。

  • 受診の際は、なるべく患部を出しやすい服装でお越しください。

あじさい

保険診療

保険診療

  • 受診の際は、有効期限内の健康保険証をお持ちください。
    保険証のコピーは使用できません。
    また、保険証をご提示いただけない場合は全額自己負担となる場合があります。

  • ご転職などにより、ご加入になっている健康保険が変わった際は、月の途中でも新しい保険証を受付にご提示ください。

  • 住所や電話番号など、健康保険証の内容に変更があった際は受付にお知らせください。

  • 受給者証(老人・乳児・身障医療等)をお持ちの方は、健康保険証と一緒にお出しください。

  • ​オンライン資格確認に対応しています。

  • 他の医療機関で薬を処方されている場合は、お薬手帳をお見せください。

  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。

  • 高熱や全身にひろがる発疹で、水ぼうそう、はしかなどの感染症が考えらえる際は、事前にお電話でご連絡ください。また来院されたら必ず受付にお申し出ください。

  • 健(検)診結果や各種検査結果、血圧手帳や糖尿病連携手帳などをお見せいただくと、診察がスムーズに進みます。

  • 受診の際は、なるべく患部を出しやすい服装でお越しください。

あじさい

アトピー性皮膚炎

案1

アトピー性皮膚炎の治療では、皮質をして肌の状態をととのえることがとても大事です。それに加えて、外用薬による治療をします。

当院では、炎症を起こしている患部に対してステロイド外用薬を使用し、症状の改善に伴って他の成分の外用剤に替えていきます。最終的には、保湿剤でコントロールできることを目標としています。かゆみを抑える内服薬、体質改善を図る漢方薬も、適宜処方いたします。

​治療効果が乏しいような重症の場合は,紫外線療法、生物学的製剤の使用を検討していきます。

案2

アトピー性皮膚炎では、痒みを伴う湿疹が慢性的に経過します。その原因は、乾燥とバリアー機能低下のために弱った皮膚に、いろいろな刺激が加わり、炎症が起こるためと考えられています。適切な治療をきちんと受ければ、日常生活に支障が無い程度になるくらいになることが期待されます。

当院では、

  1. 保湿薬で、皮膚のバリア機能をたもち、

  2. 外用薬で、皮膚の炎症を抑え、

  3. 内服薬や注射薬を併用して治療します。

  4. 症状の改善に伴って他の成分の外用剤に替えていきます。

最終的には、保湿剤でコントロールできることを目標としています。かゆみを抑える内服薬、体質改善を図る漢方薬も、適宜処方いたします。

日常生活では、よい状態を維持するように、悪化因子をさけることが大切です。

​特に、​​保湿をして肌の状態をととのえることがとても大切です。

手湿疹

水仕事や手の消毒をしていると、皮脂や角質が減ってしまうことで、保護作用が弱まり、手荒れ(手湿疹)が起こりやすくなります。

コロナ以降、消毒液や洗剤による手湿疹が増えています。キズのあるひどい湿疹の場合、まずキズから治し、痛みを抑えます。湿疹の治療にはステロイド外用剤を使いますが、治った後の再発予防として保湿剤を使い続けることが大事です。

手荒れがなかなか治らない場合、真菌が原因であることもあり、真菌検査をすることがあります。ラテックスゴム、香料、防腐剤、毛染め染料、金属などの化学物質がかぶれが治りにくい原因であることもあります。その場合は、パッチテストで確認することがあります。

接触皮膚炎

原因物質が皮膚に触れて起こす、皮膚の赤み・痒みが接触皮膚炎(いわゆるかぶれ)です。原因が明らかでない場合は、パッチテストをすることがあります。

治療は、部位・かぶれの程度に応じた強さのステロイドの軟膏を使います。顔は、化粧品が原因になることもあるので、一旦、基礎化粧品を中止していただいて、軟膏療法を行います。超酸性水を併用することがあります。

超酸性水
PH2.7の水で、アストリンゼント効果・殺菌効果があるといわれています。刺激なく、肌の調子を整えていきます。

乾癬

乾癬は、成人に多く見られ、全身、とくに刺激を受けやすい肘、膝、お尻、太ももなどに盛り上がった赤い発疹がする疾患です。免疫の異常が原因とされています。

治療は、まずステロイドとビタミンD3の外用薬を使います。それに加えて、エキシマライト光線療法を併用することもあります。

じんま疹

じんま疹の原因は、皮膚刺激、食べ物や内服薬、ウィルスの感染など様々です。急性の場合は原因がわかることがありますが、慢性じんましんでは、原因がはっきりしないことが少なくありません。疲労や寝不足で悪化したり、緊張でかゆみが強くなったりすることもあります。

治療は、抗アレルギー薬の内服です。眠気が出る場合があるので,ご自身に合った薬を選ぶことが必要です。急に薬を中断すると、再発することがあるので、徐々に減量していきます。

抗アレルギー薬で効果がない場合は、H2受容体拮抗薬や抗ロイコトリエン拮抗薬などの内服薬を併用します。

いぼ

ウィルス性のいぼは、次々と増えていきます。当院では、液体窒素で凍らせる凍結療法と並行して、漢方薬の内服治療や外用剤の治療を行っています。足の裏など、皮膚が厚くて凍らせにくい部位のものは、前処置をしてから凍結療法を行います。凍結療法が耐えられない小児の患者さんには、内服と外用のみを行います。

多くの場合1回の治療ではなかなか治癒しないため、繰り返して治療を続けます。

水いぼ

水いぼは、直接擦れ合う部位(わき・ひじの内側)などにできると、どんどん増えていきます。水いぼの中身をピンセットで押しだすのが早く治る方法です。痛みを伴うため、麻酔のシールを貼って30分から1時間後に処置しています。初診で治療をご希望の場合、早めの時間をご予約下さい。(診断→麻酔のシール貼付→30分から1時間後に処置、という流れです。)

ピンセットで押し出す治療に強く抵抗される子供さんの場合は、ご自宅で痛み無くおこなえる他の方法をご説明いたします。

水虫

足の裏の痒み・爪の白濁という症状は、水虫以外の皮膚の病気が原因でも起こります。顕微鏡の検査を受けていただいてから、治療を開始します。

受診される際には、水虫用のクリームなどをつけてこられますと、診断が難しくなることがありますので、何もつけないでお越しください。

爪白癬(水虫)の治療には、1年以上の定期的な受診が必要です。

たこ・うおのめ

たこもうおのめも、分厚くなった角質を削ったり切ったりして治療していきますが、同じような環境が続けば2~3ヶ月くらいで多くは再発してしまいます。足の変形や靴の形、歩行の仕方などが圧迫の原因となっていることも多く、足にあった靴を選ぶのが大切です。
あまり長い間たこやうおのめを我慢していると、皮膚に潰瘍をつくることがありますので、特に糖尿病の方や痛みを感じにくい方は注意が必要です。
また、足の裏によくできるものに足底疣贅(そくていゆうぜい)といういぼがありますが、これをうおのめと勘違いすることがあります。しかし、足底疣贅はウィルスの感染症ですので、知らずに削ると、かえって広げてしまうこともあります。この鑑別をきちんとつけるためにも、皮膚科への受診をお勧めします。

ニキビ

にきびは、毛穴がつまったところに皮脂がたまった状態です。そこに感染を起こすと赤く腫れてしまいます。感染を起こしたにきびには抗生剤を使用し、アダパレン・BPO・漢方薬・赤外線治療(以上は、保険適応あり)・洗顔石鹸・ビタミンC誘導体ローション(活性酸素を抑制してにきびの悪化を防ぎ、にきび跡の色を抑えます)・ピーリングなどを組み合わせて、再発しにくくなる状態にしていきます。
にきび跡の赤みには、炎症を抑える外用剤(保険適応あり)、トラネキサム酸のイオン導入が効果的です。

陥凹したニキビ跡には、ダーマペンが効果的です。

​酒皶(しゅさ)

案1

酒皶(酒さ)は、鼻を中心とした顔面が赤くなり、吹き出物や膿疱が生じます。細い血管がはっきり見えるようになります。

原因ははっきりわかっていませんが、アルコールや熱い飲み物、日光や化粧品を避けることで悪化を予防できることがあります。

当院では

1,内服用または外用の抗菌薬、またはアゼライン酸やイベルメクチンの外用薬

2,紅潮に対しては、ブリモニジンゲルまたはオキシメタゾリンクリーム

3,毛細血管拡張に対しては、レーザー治療

4,酒さ鼻に対しては、削皮術、レーザー、過剰な組織の切除

等の治療を行っています。

​酒さについて更に詳しく知りたい方はこちら

案2

酒さとは、鼻を中心とした顔の部分にほてりや赤みがあり、毛細血管が拡張して赤く透けて見えたり、赤いぽつぽつした発疹が続いたりする状態のことです。疾患名に「酒」という文字が入っていますが、アルコールが原因というわけではありません。
小さいころに、寒い外からあたたかい部屋に入った時に、顔が赤くなったりほてったりした素因を持っている方に生じることもあります。
明確な原因はわかっておらず、アトピー性皮膚炎や大人のニキビ、脂漏性皮膚炎などと似ているため判断がつきにくく、正しく診断されないケースも少なくないようです。
慢性的に続くことが多く、温度差や直射日光、運動や花粉症などのアレルギーで悪化することもあり、市販薬やニキビの治療薬などでは治りにくいことも多いため、悩んでいる方も多いです。 
酒さの症状としては顔の赤み、ぽつぽつとした赤い発疹、ピリピリとした刺激のほか、重症になると鼻がみかん状に肥大したり、眼の痛みなどを伴ったりすることもあります。
また、酒さ様皮膚炎は顔面にステロイド外用薬などを長期間外用することで、毛細血管拡張や赤いブツブツとした発疹が生じたものです。

症状に応じて、抗生物質や漢方薬の内服、ロゼックスゲルや硫黄製剤の外用薬などでコントロールしていきますが、治癒するまでには時間がかかることもあり根気強く続けていくことが必要です。
また酒さ様皮膚炎では顔面のステロイド薬の外用を中止していきますが、ステロイドを外用する原因になった疾患に対しても対策を考えていく必要があります。
かぶれが原因と考えられる時は、パッチテストなどをして原因を考え、治療していきます。
パッチテストとは、原因と思われる物質をテープで背中や腕に48時間貼りつけて反応を見る検査です。貼ってから48時間後、72時間後と1週間後に観察して診断します。毛染め剤の成分であるパラフェニレンジアミンや、香料の成分のパッチテストなどを施行して原因を探していきます。
詳しくはこちら »
また、紫外線、アルコール、カフェインや香辛料など刺激の強い食べ物、ストレス、極端な高・低温、花粉症などのアレルギーは悪化要因として知られています。

​やけど・深い擦り傷

やけどは、まず水で冷やすことが大切です。30分以上流水で冷やしてからお越しください。広い範囲のやけどの場合は、ショックを起こすこともあるので、救急病院を受診してください。やけど・深い擦り傷の治療には、原則として湿潤療法を行っています。(湿潤療法についての詳しい説明は、「新しい創傷治療」のHPをご参照ください。)

太田母斑・蒙古斑

腕・脚・肩などにある濃い蒙古斑は、異所性蒙古斑といい、背中やおしりの蒙古斑に比べて自然に消えずに残ることがあります。赤ちゃんのうちにレーザーをあてて薄くすることが可能です。

太田母斑とは、顔の青褐色のあざです。蒙古斑、太田母斑共にQスイッチルビーレーザーを用いて治療します(保険適応あり)。

帯状疱疹

帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウィルスにより発症します。子供のころにかかった水ぼうそうのウィルスは、体に潜んで、免疫力や体力が落ちたときに活性化して、帯状疱疹を発症します。体に帯状に発疹ができることから名付けられました。水疱と痛みが特徴です。症状がひどいとき痛みがいつまでももこることがあるため、早めの治療が大切です。

治療は、抗ウィルス薬や消炎鎮痛薬の内服です。ビタミン剤や漢方薬を併用することもあります。症状が強いときは点滴をすることもあります。痛みが強い場合は、神経痛となって残ることがあるので、早めに痛みの治療を始める事が大事です。神経痛治療の内服薬や神経ブロック療法をします。

​帯状疱疹について更に詳しくはこちらへ

​単純ヘルペス

単純ヘルペスウィルス(1型・2型)の感染症です。

​皮膚、口、唇、眼、あるいは性器に水泡が繰り返し発生し、痛みを伴います。

疲労や寝不足、免疫力が低下したときなど再発することが多いです。

​治療は、抗ウィルス薬の内服です。症状の出始めに服用することで症状が軽く済みます。

陥入爪・巻き爪

巻き爪は、爪の先端部が、大きく内側に巻き込んだもの。陥入爪は、爪が指に食い込んでしまって、強い痛みや炎症があるものです。パンプスや安全靴など足指が圧迫された状態が続くことが原因です。

足のつめが皮膚にくい込まないようにするには、足の爪の形を四角く、やや長めに保たなくてはなりません。爪を伸ばしていても爪に変形(巻き爪)のある方には、超弾性ワイヤー・プレートを行っています。

更に詳しい治療はこちら→巻き爪マイスターによる矯正(保険適応無し)

円形脱毛・びまん性脱毛

原文

円形脱毛症は、リンパ球が自分の毛根を異物と誤認して排除してしまう自己免疫性疾患です。リンパ球の攻撃を弱める外用・内服治療をまず行いますが、効果の見られない場合は、DPCPという自然界にない物質を脱毛部に塗ってかぶれを起こさせ、リンパ球の攻撃の矛先を変えるという治療を行います。

円形脱毛・びまん性脱毛(全体的に毛が薄くなってくる脱毛)に、スーパーライザーによる赤外線治療や、漢方薬の内服も行っています。

案1

円形脱毛症のはっきりした原因はまだ判明していないのが現状ですが、自己免疫疾患であることがわかってきました。免疫がバランスを崩し、身体が自分の髪の毛を異物と認識して攻撃するために、髪の毛が抜けていくのです。甲状腺疾患や尋常性白斑、関節リウマチ、重症筋無力症などのほかの自己免疫疾患が併存することもあります。

原因は他にも、遺伝、アトピー素因、ストレスなどが考えられています。

治療は

1,局所免疫療法;患部に皮膚がただれたりかぶれたりする薬剤を塗り、炎症を起こさせる治療法です。バランスと崩した免疫の矛先を炎症に移動させ、正常な免疫バランスを回復させる目的で行われます。保険適応外の治療です。

2,ステロイドによる治療:注射と外用薬、内服薬に分けられます。炎症や免疫機能を抑制する治療です。

 

3,ミノキシジル外用療法:現在、唯一「発毛効果」が認められている成分である、ミノキシジルを使用する治療法です。髪の毛を作り出す毛母細胞を活性化させ、発毛を促す効果があります。

4,スーパーライザーによる赤外線治療:血流改善とストレス軽減効果が期待されます。

 

5,漢方薬の内服

漢方では、円形脱毛症が生じた根本的な原因を治療することにより、症状の改善のみならず、再発の防止にも働きかけていきます。

アテローマ

粉瘤(ふんりゅう)とも言います。皮膚が毛穴の奥で袋を作り、中に老廃物や皮脂が溜まり、皮膚が膨らんできます。感染が起きると、赤く腫れたり、痛みが出てきます。

治療は炎症がない場合は、切除しますが、炎症があれば、抗生物質の内服をしたり、切開して排膿し、後日小さくなってから切除を行います。

末梢循環不全

****

足潰瘍

****

うっ滞性皮膚炎

****

MC-PX-T2のコピー2_edited.png

近赤外線スーパーライザー

スーパーライザーの効果は

1,血管拡張作用による血流改善。

2,神経に作用し、鎮痛効果が得られる。

当院では、自律神経のバランスが回復される効果が期待される星状神経節に照射することを推奨しています。

​星状神経節とは、頭部・頚部・肩に分布する交感神経が集まる場所です。首の付け根にあります。ここに近赤外線を照射することで、神経ブロックの効果が得られます。

bottom of page